denture

インプラントと組み合わせた
機能性の高い義歯を提供。

義歯とは

義歯とは

義歯はいわゆる入れ歯のことで、むし歯や歯周病、事故による外傷など、何らかの原因で失った歯を取り戻すための選択肢の一つです。
義歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、使用する素材によってフィット感や快適性、機能性が大きく異なります。それぞれの特性を知り、医師と十分に相談した上で自分に合った義歯を作ることが、しっかりと美味しく噛める歯を手に入れるために大切です。

久留米セントラル歯科の義歯の特徴

歯科技工士との連携による自然な仕上がり
歯科技工士との連携による自然な仕上がり

当院では、義歯製作において、歯科技工士との連携体制をとっております。院長が採取した歯型をもとに、歯科技工士が義歯を製作します。
単に外部への依頼という形ではなく、製作過程で各々の立場から意見を交換して精度を高めていくため、一人ひとりの患者様に合った精巧な義歯を作ることができます。
特に再現性が高いセラミック治療の場合、天然歯にあるような細かな亀裂や、歯茎の血色までを丁寧に描いた緻密な仕上がりに、患者様が驚かれることがよくあります。

メンテナンスを重要視した義歯
メンテナンスを重要視した義歯

義歯を作る際に患者様がもっとも重要視されるのは、自分の歯のようにしっかり噛めるかということかと思います。それは確かに大切なことなのですが、当院では、義歯を一生使うものと考え、メンテナンス面も考慮して義歯をご提案しています。
例えば、顎の骨に数本のインプラントを埋めこみ、磁石で義歯を装着する「インプラント義歯」と呼ばれる治療法は、取り外しや管理が簡単で、とても使いやすい入れ歯です。
ブラッシングが苦手な高齢者の方や、将来介護が必要となった時に本人だけでなく誰もが簡単にメンテナンスすることができます。

当院で提供している義歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯は、支えとなる歯が1本でも残っている場合に使用できます。

保険の部分入れ歯

義歯は歯科用プラスチックのレジンでできていて、クラスプと呼ばれる金属のバネで両隣の健康な歯に引っかけて装着する、ごく一般的な入れ歯です。安価でできますが、金属のバネが口元で目立ちます。

ノンクラスプデンチャー

留め具に金属を使用しない自費診療の部分入れ歯です。
当院では、床に柔軟性のある特殊素材を使用したノンクラスプデンチャーを提供しています。審美性がよく、軽く薄く仕上げられ、粘膜と義歯の段差が少ないため食物が詰まりにくいのが特長です。

総入れ歯

上下のどちらかの顎で自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。

レジン床

入れ歯の土台となる部分と義歯が、レジンという歯科用プラスチック樹脂でできている保険適用の総入れ歯です。
強度を出すためにある程度の厚みが必要となるため、使用中の違和感を覚える人が多くいます。

金属床

入れ歯の土台となる床が金属でできている自費診療の総入れ歯です。
強度のある金属を使用するため、0.3mm程度まで薄くすることができ、食べ物などの温かみなどが伝わりやすく美味しく食事ができます。
またレジン床に比べて非常に軽く、違和感が少ない入れ歯です。

シリコン義歯

入れ歯の床の一部、粘膜と接する部分を生体用シリコンというやわらかいクッション性のある素材で覆う自費診療の総入れ歯です。
吸着性も非常に高く、痛くて噛めない、外れやすいといった悩みから解消されます。時間とともにシリコンは劣化するため、汚れが付着しやすくなるのがデメリットです。

インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)

顎の骨に埋め込んだ数本のインプラントを固定源として、磁石で義歯を装着する総入れ歯です。しっかりと固定されるため、食事や会話も不自由なく楽しめます。また、患者様自身で入れ歯を取り外しができるので管理がとても簡単で非常に使いやすいおすすめの入れ歯です。費用も同じ本数の歯をインプラントで埋め込むより安くできます。

保険と自費の義歯の違い

保険と自費の義歯の違い

プラスチック素材を用いる保険の義歯は、完成までの工数が定められているため、お口にフィットする入れ歯を作ることが難しく、密着度もやや弱くなります。ただし、その分、早くお渡しすることができ、費用も安価なのがメリットです。

自費の義歯は、型採りや噛み合わせのチェックなど、患者様に合わせて必要な工程を増やして作製することができるため、よりフィット感が高く、機能的で、長持ちする入れ歯を作製することができます。時間も費用もかかりますが、その分、患者様一人ひとりにぴったり合ったオーダーメイドな歯を手に入れることができます。

インプラントオーバーデンチャーの費用

1本 オーバーデンチャーの場合

診断用CT撮影 3,300円
ステント・ガイド制作料 55,000円
インプラント埋入手術料 242,000円
マグネットアタッチメント(必要な場合) 110,000円
最終上部構造製作料 110,000~330,000円(欠損による)

総入れ歯をインプラントで固定して使用する治療法です。

電話番号

WEB予約

診療時間

診療時間

休診日:日曜、祝日
※上記以外にもお休みを頂く場合がございます。

診療時間

休診日:日曜、祝日
※上記以外にもお休みを頂く場合がございます。

X